Instagram改行方法(投稿・コメント・プロフィール)

Instagram(インスタグラム)の使い方




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

Instagram(インスタグラム)は写真や短い動画投稿などビジュアルに特化したSNSです。

今の段階ではスマホの文字入力の際に改行が出来ませんので、Instagramのプロフィール投稿やコメント送信の時に改行できる方法をご紹介します。

その他Instagramの詳しい使い方については「Instagram(インスタグラム)の使い方」や、「普通の人がInstagramで稼ぐ方法」を参照してください。

 

 

Instagramの投稿を改行する方法①

 

1.英字入力モードにする

2.そして「return」

3.次の行に入力

 

日本語モードではなく、英字入力モードにして【return】で改行してから、次の行に入力することで改行することができます。

※改行してから英字入力モードにして【return】では反映されませんので、改行前に英字入力モードで改行しましょう。

 

Instagramの投稿を改行する方法②

Instagramで文章を書いて投稿する時に改行されない時の対処方法です。改行したい箇所に「.」(ドット)や*(アスタリスク)などの記号をつけます。そうすることで改行されます。

 

画像の例

インスタグラム改行方法

 

 

テキスト参考例

自然のままのハワイの海と大好きな人を想って描いた「LOVE」
.
そう、あなたのこと。
.
ワイキキの海は綺麗だけど人口的に作られているんだ。安全に海水浴できるように岩とかが取り除かれているんだね。
.
でもここの海は自然のまま。

 

 

Instagramのプロフィールを改行する方法

下に記述されている「Instagramのコメントを改行する方法」をご覧ください。スマホアプリのメモ帳を使って改行する方法です。

 

 

Instagramのコメントを改行する方法

 Instagramでプロフィールコメントなどを改行する方法

Instagramのアプリで、コメントを入力すると上の画像のように改行が出来ず「送信」しかできない様になっています。

 

 

①メモ帳を使います

iphoneでメモ帳の場所がわからない時にsiriに聞くこと

iPhoneの「メモ帳」を開きます。

メモ帳の場所がわからない時は、丸いボタンを長押しして「siri」を呼び出してこう言いましょう。

「メモ帳出してー」

するとsiriはメモ帳を見つけて素早くアプリを開いてくれます。

(ここではiPhoneの場合の方法について書いていきますが、アンドロイドの方も同じようなアプリを使ってもらえれば出来ると思います。)

 

②メモ帳に改行した文字を入力します

Instagramでプロフィールコメントなどを改行する方法

メモ帳では「改行」が使えますので、ここで改行した文章を作っておきます。メモ帳で文章をが入力できたら、それをコピーしてInstagramに移動します。

 

 

③コメント投稿部分をタップしてペーストします

Instagramでプロフィールコメントなどを改行する方法

メモ帳でコピーした文章の貼り付けが出来ました。

貼り付けできたら「送信」を押せば投稿完了です。

 

その他の方法

・Instagramでは「*」(アスタリスク)をつけることで「改行してますよ」風に演出することが流行っています。*をつけても改行は出来ませんが、デザイン的には少しおしゃれに見せることが出来ます。

・「Fotogramme」や「PicFeed」という閲覧アプリを使うことで改行できるようにします。

 

 

注意すること

メモ帳でのコピペは公式アカウントが投稿した写真では使えないようです。

以上。

 

まとめ

Instagram(インスタグラム)は写真・動画で投稿できる視覚情報に特化したSNSです。そのため、言葉の違う様々な国の人達と交流することも可能です。今回ご紹介した以外のInstagramの詳しい使い方については「Instagram(インスタグラム)の使い方」を参照してください。

お読みいただき、ありがとうございます。

いいね、シェア歓迎です!

 

PS

SNSのフォローをして、筆者の最新情報もチェックしてみてね^^

今回の記事が面白かったら、他の記事も是非、読んでみてください。

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




Instagram(インスタグラム)の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。