まぶしくて見つめられない「太陽と暗闇と風」

まぶしくて見えない「太陽と暗闇と風の話し」




相手の目を見てずっと話しをしていると、イカツイ感じの方ですと知らぬ間に相手にプレッシャーをかけてしまい、そんなつもりはなくとも威圧感を与えてしまうことがあるかもしれません。これはたまの筆者のことであります、はい。

 

また、恥ずかしがり屋の方や、心の中でやましいことをしていると感じている方は、相手がまぶしすぎて目を見つめることが大変になってしまうかもしれません。

 

相手の目を見るのは、相手の本当の気持ちを知りたいから。

 

だけど、それがむずかしくてできないときはどうしたら良いのでしょうか。

そんな時に、こんなアイデアがあります。

 

光ではなく、風になるのです。

 

音楽や映画などのアートはすべてそんな感じなのかなと、筆者は感じています。

なので、目を見て話せないときは歌ったり踊ったりすれば良いと思います。

もしくは、自分の好きなアニメやドラマや料理や恋愛について話しをしてみるのも良いかもしれません。

 

自分の「本当の気持ち」に対しても、効果が認められています。これは筆者の経験上の話ですが。

 

どんな小さなことでもかまわないのです。

筆者の場合ですと、毎日、太陽の光で日光浴をしたり、歌を歌ったり、読書をしたり、おしゃべりをしながらキャベツをむしゃむしゃと食べるのがなんとも幸せな時間だと感じるのです。

 

好きなことを今、無理せずに、できる範囲で、始めてみます。

 

すると

 

人間というのは不思議なもので、好きなことの話しをしたり行動していると、元気になってなぜか活力が湧いてきます。

 

楽しい気持ち、嬉しい気持ち、悲しい気持ち、怒り、恨み、など。

どんな気持ちも、あなたの持つ本当の感情です。

自分の気持ちに蓋(ふた)をせず、どうかそれを大切にしてください。

 

詳細はリンクをご覧ください。

「太陽と暗闇と風の話し」

 

ついでにFacebookページもフォローしてもらえたら嬉しいです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

 

サムネ画像引用元

「お前は俺を怒らせた。」

 




よく読まれている記事

まぶしくて見えない「太陽と暗闇と風の話し」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です