404エラー増加でGoogle Search Console Teamからメールが届いたらすること

404エラーの原因と対処法方




 

ウェブサイトの運営をしていると、Google Search Console Teamからメールが届くことがあります。

 

404エラーが増加しています」という内容のメールで、修正方法などを教えてくれるメールです。

 

404(見つかりません)を返すURLは、ウェブサイトの他のページの検索結果での表示には影響しませんので、落ち着いて下記を読み進めてください。

 

 

google-search-console-howto

 

ウェブサイト運営をしていると、URLを変更したりページを削除したりすることがあると思います。

 

Googleのクローラーは世界中のウェブサイトを見て回っていて、検索したユーザーに最適な情報を届けています。

 

リンク先にページがあると思ってクローラーはアクセスしているのですが、URLを変更したりページを削除するとリンク先のページは存在していないことになりますので「404(見つかりません)」エラーとなります。

 

クローラーから見て404エラーが増加すると、Google Search Console Teamが上画像の様なメールで教えてくれます。

今回届いたのは、「404エラーのページが増加しているようなのでご確認お願いします、場合によっては修正をお勧めします。」というメールです。

 

 

 

404エラー増加でGoogle Search Console Teamからメールが届いたらすること

 

すでに削除済みのページなど、URLが完全に存在していない場合は、特に何かしなくても良いとのことです。

 

 

 

 

該当するURLを存在させておく場合

サーバー設定を確認し200(OK)を返すようにします。

必要に応じてサーバー管理者やホスティング業者問い合わせをします。

 

 

 

 

無効なURLや存在させるつもりのないURLの場合

 

URLの参照元を確認します。

 

google-search-console-howto-404-error

 

クロールエラーを確認」をクリックします。

 

googlebot-404error-howto

 

googlebot-404error-howto2

 

↑このようなページが開きます(灰色で塗りつぶしてある部分にURLが記載されています。上記画像サイトには16個404エラーのページがあるようですね。)

 

 

該当のURLをクリックすると

 

googlebot-search-console-howto

 

↑このようなページが開きます。

 

・該当するURLへのリンクを修正し、該当するURLにリンクしている外部サイトに連絡することも検討します。

・無効なURLをサイト内の適切なページにリダイレクトすることも検討します。

 

 

 

修正を確認する

404エラーになっていたURLを修正したら「Fetch as Google」を使用して、GooglebotがURLにアクセスして認識できるようにします。

 

 

参考

ウェブサイト用Fetch as Googleを使用する

https://support.google.com/webmasters/answer/6066468

 

 

 




よく読まれている記事

404エラーの原因と対処法方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です