21日で世界を変える方法

21日で世界を変える方法:21change-the-world




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 

「ペイフォワード」という映画を観たことはありますか?

この映画の中で登場する、世界を変えるアイデアが素晴らしいです。

そのアイデアというのは、

自分が受けた善意や思いやりを、その相手に返すのではなく、別の3人に渡す

というものです。

 

 

具体的にはどんなことをするかというと、

例えば、あなたが誰か困っている人を助けます。

「幸福をプレゼントする」と、言い換えても良いかもしれません。

それを3人の人に行います。

 

そして、

あなたに助けられた人は、次に誰か困っている人を見つけたら、その人に幸福をプレゼントします。

それを3人の人に行います。

 

すると

どんどん、その連鎖が広がって、地球上が愛の波動で満たされます。

世界が変わります。

 

 

世界には、現在、約70億人の人がいると言われています。

 

1人が、最初の1日で、3人に広げるとして、2日目に、9人。

 

3日目に、27人になります。

 

3の倍数で、広がっていきます。

 

世界のすべての人に、幸福が行き渡るには、どれくらいの時間が必要なのでしょうか?

 

 

1年?

2年?

10年?

100年?

 

 

答えは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21日で世界を変える方法:21change-the-world

 

 

たったの21日です!

21日で世界は変えられます。

 

「21」という数字は、マジカルナンバーだとか、ミラクルナンバーとも、呼ばれているそうです。

私たちの生きてる時代も21世紀。

この時代に生きるすべての人が、奇跡を起こす世代なのかもしれませんね^^

 

 

ためしに、絵にして描いてみました。

あなたも、ぜひ、スマホの電卓などで実際に計算してみてください。

 

 

21日で世界を変える方法

 

 

21日で世界を変える方法

 

 

21日で世界を変える方法

 

 

21日で世界を変える方法

 

 

21日で世界を変える方法

 

 

21日で世界を変える方法

 

 

21日で世界を変える方法

 

 

8DAYSは・・・といきたいところでしたが省略!

サクッと21日目にいきます。笑

 

 

21日で世界を変える方法:21change-the-world

 

テキストはこちらです。

 

1日目 3人

2日目 9人

3日目 27人

4日目 81人

5日目 243人

6日目 729人

7日目 2187人

8日目 6561人

9日目 19683人

10日目 59049人

11日目 177147人

12日目 531441人

13日目 1594323人

14日目 4782969人

15日目 14348907人

16日目 43046721人

17日目 129140163人

18日目 387420489人

19日目 1162261467人

20日目 3486784401人

21日目 10460353203人

約104億人です。

 

※21日目で、画面に「E」の表示されることがあるそうです。

 

「Earth(地球)」の「E」とのことです。笑

 

21には他にも様々な意味があるようです。

参考記事 http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12181554403.html

 

 

まとめ

21日で世界を変える方法のアイデアは今回、あえて書きませんでした。

自分の中から湧き上がってくるものをやった方が良さそうな気がしたので^^

リラックスしてワクワクしながら楽しい未来を創造していきましょう〜

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




21日で世界を変える方法:21change-the-world

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    嶋耕作

    ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。