Blenderの歴史【3DCG作成ソフト】




Blenderの歴史とオープンソース

Blenderは最初、オランダのアニメーションスタジオの社内ツールとして誕生しました。

このツールの作者であるトン・ローゼンダール(Ton Roosendaal)氏はその後独立して

「Not A Number(NaN)」を設立、Blenderをフリーのツールとして公開し、周辺サービスを行うことにしました。

やがてBlenderは全世界に多数の熱狂的なユーザーを集め、一時は日本とアメリカに支社をもつまでになりましたが、経営状態が悪化し、最終的には倒産して、Blenderの権利も、持ち株会社の手に渡ってしまいました。

そこでトン氏は募金キャンペーンを行って資金を集め、「ソース・コード」を奪回することに成功しました。

このソース・コードは、募金の公約どおり「GPL」で「オープン・ソース」化され、トン氏は非営利団体「Blender Foundation」を設立し、Blenderの開発がここで続けられました。

 

やがて時が経つにつれ、Blenderはいわゆる「つぎはぎ」状態になり、UIの混乱や拡張性の悪さが露わになり、キーの変更が不可能という欠点も目立つようになりました。

 

そこで、これらの問題を解決するために新しく作り直された「バージョン2.5」が制作されました。最初は不安定でしたが、その後の安定化の作業により、2011年夏には「2.5xシリーズ」の安定版がリリースされました。

 

そして、世界中にいる多数の開発者たちによる開発が今も続けられており、短編映画の制作を通じて本体を改善する「オープンムービー・プロジェクト」や、アメリカGoogle社のプロジェクト「Google Smmer Of Codes」の成果などが加わり、Blenderの進化はとどまることを知りません。

Blender素敵すぎますね。




よく読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です