青年のつまずきについて

心理カウンセリング講座pinky




青年時代は、荒れ狂う年頃といえるでしょう。

悩みもあれば、コンプレックスも味わう。

挫折も味わうだろうし、苦しいことばかりのように思える。

そこを乗り越えなければならないのだ。

どうあがいても逃れる道はない。

立ち向かうか、逃避するかだ。

それも出来なければ、神経症か、統合失調症になるかだ。

これがつまずきといえる。

このつまずきは、一生のものになってくる。

逃れる術はない。

受け入れざる負えないのだ。

神経症といっても軽いものではない。

幻覚を伴うものさえある。

つまずきの中で、人生を諦めるか、

ひたすら耐えて、ドクターの助言に従うか、

あるいはカウンセラー話を聴いてもらうかの道がある。

何とか道を見いだせた人はいいが、

見いだせないのがほとんどである。

耐えて軽くなるのを待つしかほかに道はないと

悟るとあとはどうでもよくなる。

ただ生きることになる。

青年の志はここにはない。

カウンセラーができることは、

一緒に苦しい苦しい道を歩むことしかない。

筆者 心理カウンセラー pinky

memo:  repeat00 1-7 28

よく読まれている記事




心理カウンセリング講座pinky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

pinky

心理カウンセリングを通して40年間、心の調和を取り戻すお手伝いをしてきました。インターネットを通じて誰かの助けになれたら幸いです。