妄想性障害について

心理カウンセリング講座pinky




妄想症のことをパラノイアといい、妄想性人格をパラノイド性格といいます。

妄想は、現実に,現実にそぐわなかったり、世間の学識から外れていることです。

感情や情動に彩られていることもあります。

妄想を一時性妄想二次性妄想とに区別できます。

一時性妄想は、なぜそのような妄想になるのか了解できないものです。

二次性妄想は異常な体験がもとになり、妄想過程を了解できるものをいいます。

妄想には

被害妄想関係妄想誇大妄想嫉妬妄想妊娠妄想統合失調症幻覚などがあります。

どれも強い信念があり、絶対に現実だし、疑うよちがないと言い張ります。

強い語調で相手を打ち負かそうとしているかのように、絶対に正しいという訳けです。

こちらの話は聞かないのか、聞こえないかのどちらかになります。

筆者 心理カウンセラー pinky       repeat00 1-23-96

よく読まれている記事




心理カウンセリング講座pinky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

pinky

心理カウンセリングを通して40年間、心の調和を取り戻すお手伝いをしてきました。インターネットを通じて誰かの助けになれたら幸いです。