統合失調症について

心理カウンセリング講座pinky




子供の統合失調症は急性の発症よりもゆっくりと発症してくることが多いと言われています。

そのような場合では数か月から数年にわたって摂食障害、問題行動、チックなどいろいろな症状が続いた後に発症します。

発症後の症状は

幻聴(自分の噂話が聞こえるなど)、被害妄想(悪口を言われている、狙われているなど)、関係妄想(テレビで自分のことを言っているなど)独語、空笑などが多くまとまらない言動を示す場合もあります。

筆者  心理カウンセラー   pinky

memo: repeat00 1-15 32

よく読まれている記事




心理カウンセリング講座pinky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

pinky

心理カウンセリングを通して40年間、心の調和を取り戻すお手伝いをしてきました。インターネットを通じて誰かの助けになれたら幸いです。