心理カウンセラーが考える「苦しむ」ことについて

心理カウンセリング講座pinky




昔は宗教の力に頼り、神に祈ったりしても効果のなかったことが、

いまは科学技術の進歩で、どんどん効果をあげている。

病気でも、神に祈ってもどうしようもなかったものが、

医学の力によって治癒するようになった。

だから、科学技術の力に頼る。

それのみになった。

ここには法則があり、「普遍的」なものである。

 

普遍的とは

全体に広く行き渡り、例外なくすべてのものにあてはまること。

〇哲学の用語。

〇 ㋐宇宙や世界の全体に関していえること。

〇 ㋑特殊・個物に対して、ある範囲のすべての事物に共通する性質。

 

しかし、ここで考えなければいけないのは、

最愛の人を事故で失って、気持ちが沈んで何もできない。

何故んだのか?

自分と関係のある存在の、についての答えなのだ。

これには科学では答えられない。昔の人は、

「私」は孤独になる筈がないと思えたし

強力な意味の(神)ネットワークによってしっかりと支えられているとも思えた。

しかも、死を恐れる必要はなかったし、落ち着いて生きていくことができた。

しかし、神だけに頼っていくと、そこには、自由意志も変化もなくなってくる。

が、人が孤独に苦しむのは、切るという科学、またそのせいでもある。

 

著者   心理カウンセラー pinky

よく読まれている記事




心理カウンセリング講座pinky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

pinky

心理カウンセリングを通して40年間、心の調和を取り戻すお手伝いをしてきました。インターネットを通じて誰かの助けになれたら幸いです。