軽躁状態について

心理カウンセリング講座pinky




軽躁状態の人や躁状態の人の思考内容は、抑うつの人とは逆です。

躁や軽躁状態の人は、

すべての人生体験で重要なものを獲得したと知覚(思う)します。

彼(彼女)は、自分の体験に対して

区別なく肯定的な価値を与え、

努力すれば必ずよい結果が得られると,

非現実的に期待し、自分の能力について誇大的な考えを持ちます。

こうした肯定的な評価が多幸感につながります。

しかも、

膨張した自己評価と

過度に楽観的な予測の影響を

非常に強く受けることによって、

絶えず行動し続けtるエネルギーが与えられ、

行動へと掻き立てられることになります。

著者  心理カウンセラー  pinky

よく読まれている記事




心理カウンセリング講座pinky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

pinky

心理カウンセリングを通して40年間、心の調和を取り戻すお手伝いをしてきました。インターネットを通じて誰かの助けになれたら幸いです。