うつ病について

心理カウンセリング講座pinky




うつ状態は気分が沈む、自責的になる。

内側の傷が見えてイタムなど、エネルギーの低下で元気がない状態です。

迫った状態になると、自殺念慮などが起きます。

注意しましょう。

休養について

うつ病にかかる患者さんは、もともとまじめ責任感が強い人が多いので、仕事を休むなんて無責任なことはできない」「自分が仕事を休んだりしたら、ほかの人に迷惑がかかる」などと休養することに抵抗を感じたり、拒んだりすることがあります。

まず、心と体をゆっくり休めて、疲れを癒すことがいちばんの治療であることを理解することが重要です。

回復するまでにはある程度の時間がかかりますが、必ず治りますので、ゆったりとリラックスできるものを見つけ、治療に専念できる環境をつくりましょう。

特に注意すべき事項

 自殺企図ー罪責感が強いため、叱咤激励をしないで、ゆっ      くりと休養してもらうことが必要です。

筆者 心理カウンセラー  pinky

memo:repeat00 1-8 38

よく読まれている記事




心理カウンセリング講座pinky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

pinky

心理カウンセリングを通して40年間、心の調和を取り戻すお手伝いをしてきました。インターネットを通じて誰かの助けになれたら幸いです。