22看護師が見た「t-s君のエピソード」

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

t-s君の特徴

60歳以上  男性 言葉を理解できる

言葉でのコミュニケーションができる

一人で買い物(簡単なもの)に行くことが出来る。

一人でおやつを選んで買うことが出来る。

歌を歌うことが出来る。

t-s君のエピソード

t-s君は、入所の施設の生活を

無難にこなせていました。

自分の部屋を大事にしていました。

しかも、

物を大切にする心があり

衣類がほころびたら、

「修理できないか」と

スタッフに交渉したりしました。

施設の中でバザーをします。

地域の人に働きかけ、

いらない物を寄付してもらいます。

それを、

障害者のお母さんやお父さん、

または保護者になっている兄弟の人、

里親の人で、値段をつけ、分類します。

バザーの日はお祭りです。

食べ物も売ります。

みたらし団子や、

焼きそば、クレープ、フランクフルト、

と、簡単なものですが、

地域の人や、

遠くからでも来てくださった人と、

利用者さんも交流し、

自分のお金で買い物をします。

売り場のお手伝いができる利用者さんもいます。

小さい頃からある、

みたらしを食べながら、

バザーに来てくださったお客さんと、

交流をします。

t-s君は、バザーが好きです。

t-s君は衣類も買います。

売り場のお手伝いも出来ます。

みんな嬉しそうです。

ボランティアの人達も来ます。

t-s君は、音楽のボランティアの人と作った、

合唱のメンバーです。

t-s君は音楽が好きです。

歌声も素晴らしいです。

施設の中で、いつも口ずさんでいました。

本番の、バザーの日は、発表会です。

歌声はひびき、みな明るい顔です。

皆が輝いています。

歌を歌っている時は、

知的障害の事は関係ないみたいです。

t-s君は、すばらしい声でうたっていました。

年を重ねていく障害者も、

年に一度の発表会の為に、

目標をもって生活できるのは、

とても素晴らしいことです。

歌声は、

障害を乗り越えたところにあるような気がします。

t-s君は、

毎月バザーをやってほしいと思っているでしょう。

毎月バザーで歌いたいと思っているでしょう。

きっと、

t-s君は、歌でいろんなところへ、

行きたいと思っているでしょう。

歌は心を豊かにしますから。

今も彼の歌声が聞こえるようです。

筆者  桔梗

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。