稼げるビジネスモデルとクリエイターの可能性を考察してみた

クリエイターとビジネスモデル




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

この記事は2013年3月20日18:11に公開していた記事です。

 

 

例えば、売れてるCD、本、映画、CM、メルマガ、ブログ、チラシ、フランチャイズ、自動販売機、コンビニなどの代理店などなど・・・

稼げる仕事を仕組み化して、複製することができればどんどん収入が増えていきます。

 

この複製できるモデルの事を、デュプリケーションモデルと呼んでいます。
簡単に言えば、何度でも同じ様に再現したり真似できるってことです。

デュプリケーションモデルがあるものは、簡単にお金を稼げる仕組みを複製できるからどんどん時間もお金も増えていきます。

現実的には、複製を増やすためのコストと時間をかけることになると思うけど。

そして、儲かる仕組み(ビジネスモデル)はどんどん真似されていきます。

 
 
 
(図)
モデル
コピー1
コピー2
 
 
 
ポイントは、真似されることで利益になる仕組みにしてしまうことかもしれません。
 
 
 
 
 
また、逆説的はありますが、複製が簡単に出回るようになると、よりオリジナティの強いものが輝きを放つようになります。
 
 
 
そう考えると、商業メディアも細分化されているので、個人がインターネットなどのインフラを上手に活用することで個人の作品も十分にお客様に楽しんでもらえると思います。
 
 
個人が作品を広める時の一番の問題は、マーケティングと集客かもしれません。

 

それでも、良い作品は誰かに見つけてもらえれば、口コミでかなり広がりやすくなっていることは確かです。

 

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




クリエイターとビジネスモデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。