常識を疑い、限界突破する方法

常識を壊し限界突破する方法




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

 

私達はいつも誰かの妄想の世界に生きているのかもしれません。

 

 

ここで「妄想」の意味を少し考えてみよう

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%84%E6%83%B3

 

妄想とは

「非合理的かつ訂正不能の思い込み」だそうな。

 

 

今まで見たこともない景色を見たい時。

同じ環境の中で考え方や行動が同じパターンだと、

見違える様な新しい成果が生まれる事は稀です。

 

 

そこで新しい行動を始めます。

しかし、新しい習慣が身に付くまで継続できない事が多くの悩みの1つではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

それはなぜでしょう。

 

 

 

 

 

言ってみれば、私達は生まれたときから動物園の動物たちと同じ生き方をしているようなものなので当然なのかもしれません。

 

 

檻に閉じ込められ、創造力を封じ込められている状態です。

 

 

 

動物園でいうところの「檻」とはいわゆる誰かが作った「常識」や「普通」です。

 

 

 

常識や普通って便利な言葉です。

 

 

 

それを作った側になれば、その言葉1つでルールを操ることができます。

 

 

 

生きていく上でそんなに深く物事を知る必要性もありませんから、時に人はルールにひるんでしまいます。

 

 

 

ならば、誰かの作った常識や普通の檻から抜けせば良いのです。

 

 

 

「愛」考・行の指針であれば

何をやってもいのです。

 

 

 

あなたにもし「常識」とか「普通」という感覚があるのなら、早くぶっ壊した方がいいかもしれません。

 

 

 

過剰なまでに常識や普通にとらわれてしまうと、予期せぬ事態が起こった時に自分で考えることをやめてしまう状態に陥りやすくなるからです。

 

 

 

なので、普通や常識の檻に閉じ込められそうになった時は空に向かってこう言いましょう。

 

 

 

常識?は?なにそれ

(鼻ほじほじ)

 

 

 

 

できるだけ自由に

「今」に意識を集中させて

楽しめば

いつの間にか限界も超えている。

 

 

 

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




常識を壊し限界突破する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。