8看護師が見た「F-1さんのエピソード」

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

Fさんの特徴

Fさん 女性 聴力障害あり 手話ジェスチャー交じりの表現をします 要求が通らないと大きな奇声をあげる 突き飛ばす等のこうどうがある。

Fさんのエピソード

お茶の時間が、大人の施設ではあり、彼女はもっとお茶がほしい時が多く、何度もおかわりしたがり、手話でクイクイっとアピールします。

1回に飲めるのは、約200mlのコップに1杯だけです。のどが渇いていようが、おかわりはありません。

しかし、聴覚障害者で言葉はありませんが、知能指数は、他の知的障害者よりも、高ったのでしょう。色々なことに気が付き、アピール行為を続け、多動症になっていて、のどが渇いていたのでしょう。

また、クイクイジェスチャーをします。

要求が通らないとわかると、女性の職員に、体当たりをしたり、仲間に奇声を上げたりと、迷惑行為の連続でした。

女性ばかりの活動から、男女混合の活動に移ると、同じジェスチャーによる、クイクイというアピールにも、男子のイケメン職員に注意をされると、すぐに問題行動をやめることができました。

Fさんの気持ちはどうだったでしょう。

きっと、「イケメン先生のいうことなら、しかたないなあ、支援をうけいれてやろう。私もイケメン先生のことすきでーす。」って思っていたと、筆者は考えます。

男子の支援員は好かれていたんでしょう。

筆者 看護師 桔梗

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。