7看護師が見た「T-3さんのエピソード」

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




Tさんの特徴

Tさん、40歳位 女性 身体障害はない、服の色々なところを噛みつづける、

言葉はなく、奇声も上げない人です。

いつもプレイルームで日中のほとんどを、すごしているTさんは、奇声を上げる仲間、職員さんの厳しい言葉かけを、常にきいていました。

他の仲間が、長い期間、仲間や職員に、噛みつく行為が続いていたのが、数か月ないしは、数年続いた後、その仲間の噛み癖は、改善されました。

しかしTさんは、やかましい仲間の肩や、腕を強くかみだしました。しかし、その現場を発見されたことはなく、噛み癖のあった、仲間が再び仲間をかんでいると、ほとんどの職員は、思っていました。

しかし、よく観察している(噛み癖のある仲間をよく思ってくれてている)職員さんがいいました。

「この噛みあとは、噛み癖ののあった仲間の、噛みあとではないよね」

他の仲間が噛みだしたのではないかと、報告に来ました。

よくよく、様子を見ることを続けていたら、Tさんが仲間をかんでいたのです。

もっと良く様子を見てみると、奇声をあげる、ざわざわしている原因となる仲間を噛んでいることがわかりました。

Tさんの気持ちは、奇声を上げる仲間や、迷惑行為をしている仲間を叱ってください。いつも冷たく、突き放すように、しかっていたではないですか?

私もしかりかたがわからないから、噛みついてしまいました。

本当はいけないこととしりながら、かんでしまいました。職員さんの優しい声掛けで、もう噛まないでよくなりました。

筆者 看護師  桔梗




よく読まれている記事

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。