14看護師が見た「a-1さんのエピソード」

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




Aさんの特徴

Aさん        50歳以上  かたことの言葉は言える 身体的特徴はスマートには歩けない

甘えん坊です。

いつも「お母ちゃん」といっしょがいいです。

おかあちゃんと作業所に行くのは嫌だけど、長い期間作業所を利用していました。「お母ちゃん」も高齢になり、通所利用から、入所の施設を探していました。

入所の施設では、もっと重い知的障害者の利用者もいて、なかなか甘えん坊のAさんのことが、あと回しになってしまいます。

そうすると、Aさんは「お母ちゃんに言うよ!」といって、涙は見せませんが、泣いていました。

甘えん坊のAさんは、動きがゆっくりです。

ほかの利用者さんに、突き飛ばされたり噛まれたりと、被害を未然に察知することが出来ず、いつも被害者でした。

がしかし、とうとうAさんも反撃しました。

人をつねっていました。自分より弱いほかの利用者さんにです。

でも、つねると、職員さんがAさんの方を向いて、Aさんに向き合って叱ってくれるのです。

だれでも、叱られるよりほめられたいです。

でも、Aさんつねるのをやめません。叱られるときは、職員さんはAさんに向き合ってくれます。

Aさんつねっちゃだめよー」と職員さんを独り占めできました。

「ストレスたまっちゃうよねー」いって、通販カタログで、かわいい靴下を見せてくれたり、かわいいTシャツの柄を見せてくれたりしました。

絵本を見ているより、Aさんは嬉しそうに、満面の笑顔で

ごめんチャイ」と、つねったことを謝ることが出来ました。

もっと支援を豊かなものにしたいものです。

もっと職員数を増やし、個別支援計画通りのことが、実施されるといいです。

そうすればAさんの、つねるという行為は激減するでしょう。

Aさんの気持ちは、

もっとこっち向いて、わたしのことに関心向けてということでしょう。

筆者 看護師 桔梗




よく読まれている記事

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。