13看護師が見た「Y-1さんのエピソード」

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

Yさんの特徴

Yさん 50歳以上  車いす利用の身体障害がある  言葉はよくわかるし話すことができる 生まれつき片目である しかも知的障害者です

Yさんはいつも明るい。 在宅から、まだ歩ける頃、脊椎の病気で首の手術をしたそうです。

入院中にいろいろ問題があったそうです。

痛みの訴えがあいまいであったり、

リハビリで歩行訓練がうまくできなくて、

本人さんは、病院が大嫌いになっていました。

家族の都合でグループホームに入所しました。

スタッフ一同と仲良くできていましたが、

なかなかうまく歩けないし、医療機関に受診するにも、

グループホームでは、限界があり、家族も子育て中で、家族の手で受診も困難でした。

家族の希望で、入所施設での生活が始まりました。

いろいろな事に興味があるYさんは、職員さんと仲良くもあり、けんかになることもありました。

職員さんは、若い、外にも自由にいける、買い物や、いろいろ事を話してくれるので、

グループホームでのスタッフさんと、仲良くしていたのと、変わりありませんでした。

が、しかし、歩けなくなり、活動も一緒に出来ないこともあり、留守番でいるのが、とてもつらかったでしょう。

よくヒステリックになったり、他の利用者さんや職員さんに、意地悪を言ってみたりしていました。

もっと、いっぱい外に出たいのに、病院に受診するのではなく、もっと皆ともっと遊びたいのにと、思っているのでしょう。

筆者 看護師 桔梗

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。