9看護師が見た「o-2君のエピソード」

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




O君の特徴

O君 男性 50歳位 手首に噛み癖たこあり

泣いていかーん」といつも、その言葉を言っていたO君は、仲間を傷つけたり、人の食べ物をとったり(盗食)しません。 しかし、自傷があり、興奮すると手首や指を噛んでいました。(血が出るまで)

O君のエピソード

こんなことがありました。

O君は手の小指をひどく噛み、血が出るまで、小指の皮膚をちぎってしまい、化膿してしまいました。

整形外科の医師からの説明で、小指の骨まで感染していて、小指を半分位切断する手術をしなければいけません。入院はO君の場合難しいので、手術したら、毎日通院してくださいという事でした。

O君は、問題を起こすことなく(暴れたりしなかった)、ちゃんと手術を受けることができました。病院のスタッフの方たちにも、かわいがられました。

毎日の通院(ガーゼ交換)も、問題なくこなせました。

入所施設の支援員さんからも、ほめてもらいました。

がしかし、日常生活の(食事や、入浴、排せつ誘導時間)忙しい社会の決まりの中で、他の利用者さんの問題行動に、職員さんの厳しい支援に、そばで見ているO君は、「泣いていかーん」を連発していました。

職員さんの厳しい食事支援の場で、他の利用者さんへの厳しい支援(乱暴な言葉の支援)を見ていたO君は、自分の食事を急いで口に詰め込み、ムセかえりました。

職員さんの厳しい入浴支援の場で、他の利用者さんへの厳しい支援(乱暴な言葉の支援)を、見ていたO君は「泣いていかーん」を、連発したのです。ついでに職員さんに叱られました。

そのあと、たまらなくなったO君は、浴槽のお湯を大量にのんでしまいました。そして、全身けいれんを起こし、亡くなりました。

残念です。あんなにやさしい心をもって生まれてきたのに!

きっと、O君は、僕は一生懸命、急いで入浴済ませるから、もっと職員さんに優しくしてほしっかたと。

筆者 看護師 桔梗




よく読まれている記事

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。