6看護師が見た「Tー2君の気持ち」

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




T君の特徴

男性  40才代  T君  腸瘻(ストマ)のある利用者さん  癲癇てんかん)もあります。

T君はたくさんおしゃべりするのが、だいすきです。

ご両親が、T君が子供のころ、亡くなったのか子育てが出来ないような状態があったのか、筆者の記憶になく、ここに記述することが出来なくて、本当に残念です。

おばあちゃんに育てられていました。言葉もたくさん言える、知的障害者です。

特に身体的な、特徴は、なかったと思います。靴をちゃんと履けてない時が多く、

食事中のムセも、頻回になって、とうとう誤嚥性肺炎になりました。

伝えたいことが、うまく健康な人のように、伝えられず、「僕の話をきいて」おばあちゃんのように、やさしくして!」と、彼はおもっていたとおもいます。

誤嚥性肺炎になるのも、食事中に、他の入所のなかまが、問題をおこしていても、起こしていなくても、強く叱られ、叩かれたりする暴力的支援を見て、T君は焦って食事をして、頻繁にムセていました。

繰り返される誤嚥性肺炎と、てんかんのせいで、入退院を繰り返している中で、大腸の壊死が見つかり、手術をうけました。一命を取り戻しましたが、腸瘻ストマ)を作りました。

無事退院してからも、ストマをさわって、問題をおこすことは、ありませんでした。

入所の施設の職員さんは、「どうせ、ストマいじりをやって、問題を起こすんだ」と思っていたでしょう。

T君の気持ちは、「どうぞ、職員さん、僕は問題をおこしませんよ。だから、僕とたくさんお話ししてね。僕といっぱい遊ぼうよ。」でしょう。

知的障害の入所の施設で、今も元気に暮らしています。

筆者  看護師  桔梗




よく読まれている記事

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。