楽しく結果を出す方法

楽しく結果を出す方法




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

チームというのは練習を楽しくやれない状態ではダメ。

自分たちで楽しくやろうとすること。

やらされているという意識の中ではいい結果が出ない。

加藤久

 

どんな事でも意識を変えるだけで結果は変わります。

「やらされている」という意識のままだと、本来100の素質があったとしても10%も力が発揮されないこともあるでしょう。

楽しくない状態が続けばだんだんやらなくなってしまいます。

では、どうすれば楽しくなるのでしょうか?

取り組んでいる物事がわかるようになると、段々楽しくなってきます。

分からないことを分からないままにして放置してしまうと、「わからない」が積み重なってどんどんやる気がなくなってしまいますが、逆に、分かるようになると結果が出るので自分から能動的にやれるようになっていきます。

はじめて取り組む物事や、慣れないことなど、既に習熟した人が近くにいるのであればその人のやり方を真似したり教えを乞うたりすることで成長のスピードが早くなると思います。

成長することは、今の現状を認識することから始まります。

今、仮にあなたが力不足だったり経験が足りなかったとしてもいいのです。

まずはそれを認めましょう。今の自分を楽しむのです。

素直に現状を見つめ、本当はどうなりたいのか、ゆったりと一人の時間をとって紙に書き出してみましょう。

そのイメージが具体的であるほど、何をすればゴールに辿り着けるのか道筋もはっきりと見えてきます。

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




楽しく結果を出す方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。