普通の人がInstagramで稼ぐ方法

Instagram(インスタグラム)の使い方




電車やバスに乗っているとスマホをいじっている人がとても多いです。

その中でも、SNSを毎日チェックしている人も多いのではないでしょうか。

今回はご質問がとても多かった、あの大人気アプリInstagram(インスタグラム)で稼ぐ方法をご紹介します。

 

そもそもInstagram(インスタグラム)ってなに?

そんな方はまず「インスタグラムの使い方」でどんなアプリか確認してみてください。

ざっくりいうと写真中心で投稿できるTwitterみたいなおしゃれなSNSです。

 

インスタグラムで稼いでいるのはこんな人

Instagramは写真中心のアプリですが、カメラマンだけがInstagramで稼いでいるというわけではありません。写真中心に投稿出来るということは、視覚にうったえることが出来るということです。デザイナーやモデルの人も収益化に成功している傾向にあります。でも、このような特別な職業や技術がなくてもInstagramで稼いでいる人はけっこういるんです。

 

1投稿で180万円稼ぐ女性Danielle Bernsteinさん

彼女は、まだ20代半ばくらいのファッションブロガーです。

彼女はInstagramとブログで、普段着ている服をおしゃれに着こなし自分のファッションスタイルを投稿しています。着ている服のブランドや商品の買い方を説明しているので、そのブランド各社から報酬が支払われています。企業は一つの写真投稿に対して最高で$15,000(約180万円)支払ったこともあるそうです。

Instagramのフォロワーはなんと100万人以上です。(@weworewhat

 

1日100万円稼いだ無職の男

34歳の誕生日の前夜、失業中だったアーノルドは来月の家賃をどうやって工面しようか悩んでいた。突然ひらめいた彼は、インスタグラムに次のようなメッセージを載せた。

 「ハロー、僕はこの瞬間に34歳になった。この日一日だけ、僕のインスタグラムにある写真(4×6サイズ)をどれでも一枚150ドルで売る。こんな大安売りはもう絶対にないと約束する。もし興味があったら、欲しい写真のスクリーンショットを僕のメールアドレスまで送ってくれ。Paypalの請求書を送る。サイン入りの写真は、その後に送るからね。簡単だろ。僕の誕生日おめでとう。みんな大好きだよ。」

 物凄い反響があった。注文が殺到したのだ。その日の終わりまでに71枚の写真が売れた。アーノルドは15,000ドル相当の注文を受け、5,000ドルを手にした。

引用:http://newsphere.jp/entertainment/20140311-5/

彼のInstagramアカウント(@arnold_daniel

 

その他にインスタグラムで稼いでいる人

Instagramを使って稼いでいる人たちは、先ほどご紹介した2人の他にもたくさん存在します。

学生や主婦の方など、ごく普通の暮らしをしている人達がInstagramを使って稼ぎ始めています。

もともと影響力があるわけでもなく、芸能人のように誰もが知っているわけでもない人がInstagramで稼ぐためには一体どうすれば良いのでしょうか?

 

 

普通の人がInstagramで稼ぐ方法

Instagramで稼ぐ方法を大別すると以下の3つになります。

  • グッズにして販売
  • 写真を販売
  • ブランディング(あなたを知ってもらう)

もともと何か商品やサービスを持っている方は「ブランディングとして使う」と考えてもらえれば良いと思います。

 

Instagramで稼ぐためにやることは、たった2つしかありません。

①ハッシュタグをつけてInstagramに投稿する

②販売してるページのURLを紹介する

やることはこれだけです。

 

まず、Instagramに写真を投稿します。

はじめは少なくても継続していくと見てくれる人が増えていきます。

そうしたら、販売するためのサービスへ繋げていきます。

やり方は簡単で、Instagramのプロフィールに販売ページのURLを載せたり、投稿する時に「購入方法」を記載しておくと良いです。

やることは本当にこれだけ。

 

※ハッシュタグを忘れないでね。

ハッシュタグをつける理由ややり方がわからない人は「Instagramの使い方」で使い方をチェックしてみてください。読んでいるうちに新しいアイデアが思いついたらぜひ、実践してみてくださいね。

 

 

自分の商品サービスを作る方法

Instagramの使い方や理解できた。

でも、そもそも販売出来る商品やサービスなんて何もないんだけど・・・。

そんな人でも大丈夫!

最近は本当にいろんなサービスが出てきていて、アイデア1つで面白いオリジナルグッズを作ることも夢ではなくなりました。

例えば、あなたがInstagramに投稿した写真をグッズにして販売することも可能です。

 

 

MOBILPRINTS

MOBILPRINTSは、キャンパス・ポスター・ポストカード・ウッドフレーム・アートプリント・グリーティングカード・スマホケースなどのグッズとして販売できます。使い方は簡単で、Instagramのアカウントでサインアップして写真を選択するだけでOK。ただし、収入を受け取るためにペイパル(https://www.paypal.com/jp/home)のアカウントが必要になります。ペイパルは今後何か販売しようと思った時にも便利なので、この機会にペイパルアカウントを作っておくと良いですね。

 

Twenty20

Twenty20は、Twenty20はInstagramのクリエイティブな写真を公開するのに役立ち、写真の販売で収入を得ることができます。

 

その他の方法

その他に、Instagramを使ってお金を稼いでいる筆者の友人を例にインスタグラムで稼ぐ方法をご紹介します。どの方もこの流れでお金を稼いでいます。

①Instagramに写真を投稿する

②販売サイトのURLを紹介(プロフィール欄や投稿文に購入先のURLを書いておく)商品の写真をInstagramに投稿して買ってくれる人を募っている人もいます。

 

①のインスタグラムに写真を投稿するのは、Instagramの使い方さえ覚えてしまえば簡単です。

②は、筆者の友人も商品やサービスを販売する方法がわからないとはじめは言っていたのですが、アイデア1つで稼げる方法が見つかりました。例えば、

  • クラウドソーシングサイトに登録して自分のサービスを作る
  • ベイスやクリーマやメルカリなどを使ってネットショップ化する
  • Instagramを商品一覧のカタログとして利用してメールアドレスを載せて注文をとる

 

主にこの3種類を実践している人が多いです。

クラウドソーシングを使って、デザインやカメラの仕事を請け負っている人は筆者の知らないところでもけっこういると思います。

また、小物やフラワーアレンジメントなど、作るのが好きな人はベイスやクリーマなどを使って販売実績を伸ばしています。ネットショップを作るのがめんどくさい人は、Instagramをカタログとして使って注文はメールで受けている人もいますね。

 

 

まとめ

やることは簡単です。

でも、実際にやってみると意外とムズカしいと感じてしまう事もあるかもしれません。

実践してみると色々な発見があります。

Instagramを使ったことがない方は、まず、Instagramの使い方に慣れるところから始めてみてください。Instagramに慣れている人は、あなたの商品やサービスをワクワクしながら、真っ白のノートに書いてみてください。とても楽しいですよ!少しでも面白そうと感じたら是非、チャレンジしてみてくださいね。

 

もし何かアドバイスが必要な場合は、コメント欄にあなたの悩みや、作ろうと思っている商品サービスを書いてください。また、無料スカイプコンサルをご希望の方はinfo@evahks.comまで「お名前」「お悩みごと」を記入の上ご連絡ください。(すぐにご返信できない場合もございますのであらかじめご了承ください。※無料スカイプ相談は事前の予告なく終了する事があります。予めご了承ください。)

よく読まれている記事




Instagram(インスタグラム)の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です