影絵アニメとは

egoism自主制作アニメ影絵アニメ




影絵アニメーションと言えば、フランスアニメ映画界の巨匠『キリクと魔女』『プリンス&プリンセス』のミッシェル・オスロ監督の影絵アニメ作品や、ロッテ・ライニガーの「アクメッド王子の冒険」(1926)など参考になる有名作品が多数。ディズニーアニメ映画の中でも影絵アニメの手法が度々用いられています。(たしか「モアナ」でも使われていたはず)

影絵アニメーションを用いることで、世界観を強調してあぶり出すことができます。

 

影絵アニメの作品例

影絵アニメーションの作品例をいくつか見ていきましょう。

 

『ANIMAL IS』

『EGOISM』

 




よく読まれている記事

egoism自主制作アニメ影絵アニメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です