定年退職した看護師がみた家庭(犬)

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




私の家には犬がいる。ロンという名前です。

犬も猫も大好きですが、数年前に息子が連れてきた犬です。

ロンは今日はキャベツを食べました。キャベツが大好きです。

もちろん栄養のあるドッグフードもちゃんと食べます。

ロン君が小さいころ、台所にいる私に、いつもついてくるのです。

刻んでいたキャベツが落ちてくると、食べていました。

わざと、キャベツを落としてあげる時もありました。

ロン君は、それからずっとキャベツが好きです。

定年退職してからは、毎日私が家にいるので、私について回ります。

ロンは洗濯物を干すとき、庭に一緒に出るのが大好きです。

外に出て、周りを見るのが大好きなのです。

しかし、猫が苦手です。

猫が裏庭のところから見えると、

頭を下げて猫から見られないようにしているみたいです。

その猫は目つきが鋭く、にらんでくるのです。

ロン君は何も悪いことはしていないのに、にらんでくるのです。

ロン君をもらう数年前までは、トムという猫を飼っていました。

が、今はいません。

息子がロン君をもらってくる前の所でも、

ロン君は猫に意地悪された経験もないと思います。

ロン君がんばれ!私がついているから!

野良猫にまけるな。私が睨み返してやるから!

それからというもの、庭で猫を見かけたら、私がにらんでやるのです。

さて、ロン君にしつけを教えてくれたのは、娘でした。

お手やおすわり、おかわりも出来ます。

出来るようにしつけてくれていた娘には、ロン君も頭があがりません。

娘は厳しいですが、出来た時に褒めるのが上手です。

ですから、今でもロン君が猫に負けない方法を娘に相談しています。

ロン君にもっと犬として自信を持ってほしいのです。

だって、私の大好きなロン君ですから。

だってボーダーコリーですから。

著者  桔梗  1




よく読まれている記事

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。