定年退職した看護師がみた家庭(犬の巻)-3

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou




犬というのは人に忠実です。日本犬は世界で人気らしいです。

確かにこじんまりした体格と、忠犬ハチ公物語のように、

ご主人を亡くしても待つ姿は心に残ります。

家のロン君は、私がロン君よりも早く死ぬようなことがあったら、

悲しんだり、私が死んでも私を探すのでしょうか。

定年退職して、やっと家にゆっくり居られるようになった看護師の私を、

忘れないでしょうか。

ロン君はボーダーコリーですから、日本犬ではありません。

しかし、探してほしいなーと思います。

でも、ロン君の寿命まで元気に生きて欲しいとも思います。

そして、他の家族と仲良く暮らしてほしいです。

たとえ私の事は忘れてもいいんです。

産まれた以上は、幸せに生き抜いてほしいものです。

今日もロン君は笑っていますよ。

筆者  桔梗




よく読まれている記事

看護師の自伝コラムのブログ 桔梗kikyou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

kikyou

看護師として40年間生きてきました。心の声をコラムに綴っています。よかったら読んでください。