ソフトウェアとアプリケーションの違いとは?

アプリとソフトウェアの違い




LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

ソフトウェアとアプリケーションの違い

スマホの普及で「アプリ」という言葉が一般的になりました。「ソフトウェア」という言葉も昔からありますね。この、アプリとソフトウェアの違いってについて一緒に考えてみましょう。

 

→「基本ソフトウェア」

応用ソフトウェアが動作するために、機器を制御するためのソフトウェアです。WindowsやMacなどのOS(オペレーティングシステム)がこれにあたります。それからOS以外でも、周辺機器の設定や操作をするドライバーソフトなどもそうです。

 

→「応用ソフトウェア」

パソコンやスマートフォンなどのデバイスを使って特定の目的を実現するために活躍してくれるソフトウェアのこと。利用者の求めている機能を提供するソフトウェアであり、アプリケーションソフトウェア(アプリ)とも呼ばれます。

これの種類はメールソフト、ゲーム、業務ソフト、お絵描き、word、Excel、webブラウザーなど…基本操作以外に目的があるものはアプリケーションに分類しても良いだろうと思います。

 

iPhoneやAndroidなどのスマホの普及でアプリとの呼称が一般化しましたが、それもこれにあたります。ちなみに、「アプリケーション」と「アプリ」は同じ意味です。

ちなみに、アメリカではApplicationの略として「App」が使われてます。いろんなアプリという意味で「Apps」と複数形が付いたりします。 iPhoneやiPadでお馴染みのかたは「App Store」でアプリを検索したりダウンロードしたりしてますよね。Android端末の方は「Google Play ストア」でアプリを入手されてます。ご覧いただきありがとうございます。

LINEで送る
Share on LinkedIn
Pocket

よく読まれている記事




アプリとソフトウェアの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

嶋耕作

ライター、自主制作アニメも作ったりしている。自身が主催してきたイベント企画で培った集客運営等のノウハウを使ってサイトやYouTubeなどメディア運営のサポートを行っている。