シバターとウタエルの動画を見てこれからYouTubeで稼ぐ方法を考えてみた

シバターとウタエルを解剖してこれからYouTubeで稼ぐ方法を考えてみた




「日本一自宅で稼ぐプロレスラー」で炎上系ユーチューバーのシバターがコンサルしていると話題になっているウタエル君。実際にYouTubeチャンネル登録者数や動画の再生数が伸びているので、ウタエル utaelの動画を参考にこれからYouTubeで稼ぐ方法を考えてみた。

まず、YouTuberウタエルの動画を見ていこう。

 

YouTuberウタエルの歌動画

ウタエルの歌まとめ一覧はこちら

 

 

底辺YouTuberの歌「毎日が黒歴史」

ウタエルの歌の中から、個人的に好きな曲をピックアップ!

名曲だと思います。新しいYouTubeのテーマソングにしても良いくらい素晴らしい出来だと思う。

この歌を聴いて俺もユーチューバーになろうと思ったw

 

YouTuberで今後も稼げるか?

この歌の歌詞にあるように、仮にYouTubeで黒歴史を増やしていたとしても、今後は自分を発信してブランド化できているYouTuberは長期的に見て収益は伸びて稼いでいけると思います。年々、ネット市場への広告費は増加傾向にある点や、広告主がターゲットを絞って広告できる優位性がネットの方があることからも、ネットへ投下される広告費は今後も増えていくと思われ、

インターネット市場において現在、BtoCEC(消費者向け電子商取引)市場規模が前年の13.7兆円に比べて、9.9%増の15.1兆円にまで拡大しました。その数字を裏付けるかのように、各企業のネット広告費も前年比113.0%の1兆3100億円と増額傾向にあります。

【最新版】国内のインターネット市場状況と広告費推移

 

その結果、ブログやYouTubeなど個人でメディアを育てている人の収益も伸びていくと考えられます。ただし、YouTubeを始める人が増えているので、その中でチャンネルを育てるのが大変かもしれません。

これまでにあった商品紹介のジャンルや検証系の動画も、企画が面白かったら今後も動画自体は伸びていくと思いますが、そのジャンルのユーチューバーが多ければ自然と競争が激化すると考えられます。

これまでになかった(もしくはブランドとして確率されていないジャンル)を見つけてそこを狙っていった方が良いと思います。ただし、あまりにもニッチすぎると見る人がいない可能性もあります。動画に需要があるかを調べる方法もありますが、実際に結果が出てくるまでには基本的に時間がかかるのでそれまで粘れるかというのも大事ですね。結果が出るまではYouTubeから無収入状態でひたすら毎日黒歴史を増やしていくだけの作業…涙

そう言った意味で、シバターのプロデューススキルは天下一品。ウタエルにラファエルと同じ仮面を被せたことで、ウタエルは誰も知らない者ではなくなりました。ビジュアル的に。人は100%知ってることか100%知らないことには興味を持てません。仮面を被せたことで「何だこいつ?ラファエルのパクリか?」もしくはラファエル本人だと思って動画を再生する人も増える。そんな狙いがあったのではないでしょうか。成果が出るまでが早いです。そして、仮面のおでこに「歌」とキン肉マンのように文字を書区ことでラファエルとの差別化についてもちゃんと考えられています。笑

 

2017年7月21日時点でウタエルのチャンネル登録数は3万人を超えています。

2017年7月7日にアップロードされた動画から数えても順調にチャンネルが育っていると言えるのではないでしょうか。

では、なぜウタエルのチャンネルが伸びているのでしょうか?

 

ウタエルのYouTubeが伸びている理由

  • 人気ユーチューバーのシバターが宣伝してる
  • 音楽のジャンル
  • 人気ユーチューバーを題材にしている
  • 最近あったニュース性の高いネタを題材にしている

そして、シバターのお家芸である炎上系であることですかね。

 

もう少し細かく見ていきましょう。

 

人気ユーチューバーのシバターが宣伝してる

チャンネル登録者数が70万人以上のシバターがコンサルしているということで、シバターも自分のチャンネルでウタエルを宣伝しています。その結果、シバターのチャンネルからウタエルの動画に流れている人が増えています。

↑動画の最後にウタエル君の曲が途中まで流れてます。

この動画でシバターが言ってることにほぼ同意。長い期間ネットで活動しているからこその意見は貴重。良いところだけではなく、リスクも話してくれる点が良心的だと思いました。

 

音楽のジャンル

音楽系のYouTubeチャンネルは、当たれば長期的に再生数を稼いでくれるジャンルです。YouTube動画には色々なジャンルがありますが、音楽は気に入ってもらえれば何度も動画を再生してくれます。実際、私もお気に入りの歌い手さんの曲をYouTubeで毎日再生して聴いています。

そして、今や一人1台スマホの時代になっていますが、通信制限がかかると動画なんか重たくて見れませんが、音楽なら短いし試しに見てみようかなという気持ちになり再生されやすいジャンルだと思います。

 

人気ユーチューバーを題材にしている

大物人気ユーチューバーは多くの人にチャンネル登録されています。日々の会話のネタになったりもするでしょう。毎日見られている大物ユーチューバーを題材にすれば関連動画に上がってきたり、キーワード検索でも上がってきやすくなります。結果、チャンネル登録者が増えアンチも増えて再生数も上がっていきます。そして数字が伸びれば稼げるようになります。関連動画にあげる方法はまた機会があったら書きたいと思います。

 

最近あったニュース性の高いネタを題材にしている

ウタエルの歌を聴いてもらえればわかると思いますが、今トレンドのホットなニュースがネタになった歌が多いです。

 

その他の要因

ビジュアル的にはラファエルみたいでみんな馴染みがあるし、顔出ししないことで最低限のプライバシーは守られる。安全に配慮した戦略だと思う。さすがシバターですね。

 

まとめ

人気YouTuberのシバターがコンサルしてるだけあって、ウタエルのYouTubeチャンネルや動画から学んで、実践として自分の動画に取り入れられる部分は多々あると思います。炎上系なのでシバターを嫌いな人も多いかもしれませんが、ビジネス的に見ると勉強になることが多いですね。アンチがどれだけ増えても全てを材料にして立ち向かっていく姿は、これからネットで稼ごうとしている人や何かを表現しようとしている人にとって参考にできるものがあると思います。




よく読まれている記事

シバターとウタエルを解剖してこれからYouTubeで稼ぐ方法を考えてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です